4. ステップ2:負荷の動作(4)

 

 特性  3/3 台形  三角形
 適合性  最小出力となるよう最適化
 (ΔsΔtを想定):
 温度上昇の観点で最も有利
 最小加速となるよう最適化
 (ΔsΔtを想定):
 要求される最短時間となるよう 最適化
 ( Δsamaxを想定)
 
 図  3/3台形 図  三角形 図
 役割:    
 時間ΔttotにおけるΔsの移動距離    
 最大速度vmaxにおけるΔsの移動距離    
 最大加速amaxにおけるΔsの移動距離     
 最大速度vmax・時間Δttotにおける動作完了    
 最大加速amax・時間Δttotにおける動作完了     
 最大速度vmax・最大加速amaxにおける動作
 
   
表4.2:代表的な動作特性の性能及び運動力学的演算(2)

<<前へ 次へ>>

目次に戻る

▲このページのTOPへ

このページを印刷 このページを印刷

Copyright(c) 2012-2018 maxon Japan corp. All Rights Reserved.