7. ステップ5 : モータの選定(5)

    矩形波整流   正弦波整流
 ロータ位置
   センサ
 ホールセンサ   センサレス   エンコーダとホールセンサ
 整流分解能  整流ステップ/回転 = 6 x  ロータの極ペア数
 ― ロータ 1極ペア 60°整流
 ― ロータ 2極ペア 30°整流 例 EC-4pole
 ― ロータ 4極ペア 15°整流 例 EC 32 flatモータ
 ― ロータ 8極ペア 7.5°整流 例 EC 45 flatモータ
 ― ロータ 12極ペア 3.75°整流 例 EC 90 flatモータ 
 正弦波電流分布: 正弦波カーブ再生のため、
 
各位相の電流を2,000回/回転で調整。
 推奨: 最低500パルスのエンコーダ
     (= 2000クワッドカウント)
 3相電流 
 (回転角は1極ペアの
 ロータの場合を表示)
  矩形波整流  正弦波整流
 性能  マクソンモータデータの基準整流
 トルクリップル 14%
 ― トルク定数平均化
 ― 起動制御
 トルク リップル 14%
 ― トルク定数平均化
 ステッピングモータと
 同様の起動

 ― 特別な起動プロセスが必要
 ― 低回転数(< 1,000 rpm)不適
 ― 動的なサーボ用途不適
 トルクリップルなし
 ― 低速でもなめらかな回転
 ― 最大連続トルクは矩形波整流
           より約5%高い
 用途  ― サーボドライブ
 ― 位置決めシステム 
   (エンコーダ等     
   追加位置センサ使用)
 高回転の連続動作に適する
 ― 単純ポンプ、ファン
 ― フライス盤、ドリル、研磨盤
 ― 正確な位置決めの働き
 ― サーボドライブ
 マクソン
 コントローラ
 製品
 DEC, DECV, MIP  AECS  DES, EPOS
 システム全体の
 相対コスト
 中程度  比較的安価  高価
表7.3: ブラシレス整流システムの比較

<<前へ 次へ>>

目次に戻る

▲このページのTOPへ

このページを印刷 このページを印刷

Copyright(c) 2012-2017 maxon Japan corp. All Rights Reserved.