コラム:モータの電圧と電流

モータに実際に印加される電圧は、電源とコントローラの特性によります。

電源については、下記の性能の検討が必要です。
― 入力側の状況(整流の品質や電圧変動)による出力電圧リップル
― 電流負荷時の出力電圧、特にバッテリーと太陽電池

コントローラについては、下記の要因の検討が必要です。
― 最大電源電圧
― PWM制御で発生する電圧降下 一般に100%のON時間は許容されません。 
― 最終出力段での抵抗値(MOSFETのp-n接合)および電流計測のための分流に起因し発生する   スイッチング損失と電圧降下
ー ヒント: マクソンコントローラで使用するUmot=0.9 VCCの想定は、モータ電圧の近似値としては適切であり、コントローラでの電圧降下を明確にするために利用できます。

モータが入手可能な電流は、電源とコントローラの電流仕様で決まります。その限界は、いずれか低い方の値で決まります。したがって、連続負荷電流と断続最大電流(過負荷)で識別します。通常、過負荷動作の持続時間は、電流負荷の大きさを示す機能です。詳細はケースバイケースと考えなければなりません。

<<前へ 次へ>>

目次に戻る

▲このページのTOPへ

このページを印刷 このページを印刷

Copyright(c) 2012-2017 maxon Japan corp. All Rights Reserved.