9. ステップ7 : コントローラとフィードバックセンサの選定(5)

方式 性能
  1-, 2-および4-クアドラント型アンプの性能
1-Q アンプ  ― モータの加速のみ可 (同一方向回転数とトルクポイント)。
― 第1または第3象限で動作 (図参照)。
― ブレーキング制御なし。ブレーキング制御とは逆回転方向に発生するトルクの調整。
― ドライブシステム固有の摩擦をブレーキングと減速に利用。
  モータ電流は動的エネルギーをドライブから除去するように追従することは不可。
― 通常、負荷と設定値の様々な高さの変化に比較的緩く反応(摩擦に依存)。
― 多くの場合、両回転方向に使用可能。
  メーカによっては、2-Qと称し、アンプ固有の呼び名としては2x 1-Q。
  回転方向は、CWまたはCCWでのみ設定可能。例えばデジタル信号(切替え)。
― マクソンからは、ECモータ用アンプのみ調達可能。   
2-Q アンプ  ― 負荷変動時、つまり加速時とブレーキング時の1回転方向回転数制。
  他の回転方向の動作はデジタル信号(切替え)によって実現。
― 第1と第2、または第3と第4の象限で動作(図参照)。
― 能動的に減速。能動的とはトルクまたは電流を逆回転方向へ供給。
― 再生エネルギーはブレーキング中、モータからアンプ(電源)へ逆流可能。
― 負荷の増大と減少とも、急速に回転数制御。
― 回転数設定値の変化に短時間で反応。
― マクソンからは、ECモータ用アンプのみ調達可能。 
4-Q アンプ  ― 負荷変動時、つまり加速時とブレーキング時の両回転方向回転数制御
― 全象限で動作(図参照)。
― 能動的に減速。能動的とはトルクまたは電流を逆回転方向へ供給。
― 再生エネルギーはブレーキング中、モータからアンプ(電源)へ逆流可能。
― 負荷の増大と減少とも、急速に回転数制御。
― 回転数設定値の変化に短時間で反応。
― 位置制御システムに必須。 
表9.3: 1-, 2-および4-クアドラント型アンプの性能

<<前へ 次へ>>

目次に戻る

▲このページのTOPへ

このページを印刷 このページを印刷

Copyright(c) 2012-2017 maxon Japan corp. All Rights Reserved.