スイスの真ん中で

スイスと言って心に思い浮かべるのはまず雄大な山々、そしてチーズや放牧された牛たちのことでしょうか。けれど、実際にはそれよりもっとたくさんの素晴らしいものがこの国にはあります。
スイスの山々の画像 中央ヨーロッパに位置するスイスの国土は41,285平方キロメートル(15,940平方マイル)を有し、そのうち、生産的な地域(すなわち湖、川、人の手の入っていないエリアを除いた地域)は、30,753平方キロメートル(11,870平方マイル)になります。それは長さにすると、北から南へ220キロメートル(137マイル)、東から西へ350キロメートル(217マイル)に及びます。

地理学的に地域を分けると、ジュラ山脈、中部平原およびアルプス山脈がスイスを形成しています。

スイスの人口は約778万人、外国人は人口の約22パーセントを占めます。

多言語国家
スイスはヨーロッパの主言語3つ(ドイツ語、フランス語、イタリア語)をそれぞれ日常使用する地域に分かれているという非常に特異な国です。また、人口の0.5%のみが使うロマンシュ語は口語であり筆記言語ではありません。

スイスの人々の画像言葉の繋がりはスイス国内のそれぞれの他言語圏同志の繋がりより、大きな隣人(他国同言語)との言語や文化の繋がりを深いものにしています。例えば、仏語圏であるジュネーブに住むスイス人にとっては、ドイツ語圏であるベルンに住むスイス人よりもパリの人々と話をする方が簡単ということです。

言語によって分けられるそれぞれの地域は異なるものを食べて、異なる伝統および異なる習慣を持っています。現在の他言語圏同士が共有する歴史をひもとくには約2世紀もの時間を遡らなくてはなりません。

スイス人たち自身、時々、なぜ、自分たちが異なる習慣を持ちながら、同じパスポートを持ち、スイスという国を形成しているのか戸惑うことがあります。それでも、スイス人たちは多言語地域が集まって一つの国を形成してゆきたいと言います。「均一」ではなく「単一」国家であることがこの国の姿勢なのです。

水源の宝庫
ライン川の画像スイスは、実に、ヨーロッパの真水のストックの6パーセントを保有しています。ライン川、ローヌ川およびイン川はそれぞれ北海、地中海、黒海へと流れ込みますが、水源はスイスです。

シャフハウゼンの数キロメートル下流に位置するライン滝はヨーロッパ最大の滝で、幅150m(450フィート)、高さ23m(75.4フィート)に及びます。

さらに、スイスには1,500以上の湖があります。最も大きな2つの湖、ジュネーブ湖(レマン湖)とコンスタンツ湖(ボーデン湖)は国境に位置します。ジュネーブ湖はフランス、コンスタンツ湖はドイツとオーストリアにまたがります。ローヌ川に繋がるジュネーブ湖は中央ヨーロッパで最大の淡水湖です。
スイス国内に位置する最も大きな湖は、218.4平方キロメートル(84.3平方マイル)を誇るヌーシャテル湖、そして恐らく、最もよく知られている湖は、スイス中部(113.7平方キロメートル/44平方マイル)のルツェルン湖です。

オブヴァルデン州におけるインターエレクトリックス社の設立
スイスのザクセルンにあるマクソンモータ本社も湖のすぐ近くに位置します。そのザルネン湖は、高い山脈に囲まれた、いくつもの氷河から水が流れつく美しい湖です。マクソンモータ本社からはいつでも美しい景色を見ることができるのです。

マクソンモータは半世紀の歴史を誇ります。革新と高品質がマクソンモータ創業以来の会社の駆動力です。その歴史はスイス中部の絵画のように美しいオブヴァルデン州で始まりました。

1961年12月5日、インターエレクトリック社 (今日のマクソンモータ本社)は、 フランクフルトに本社を置く電気シェーバーメーカー、ブラウン社の生産工場としてザルネン町役場の会議室で設立されました。
インターエレクトリック社が、その生産拠点をザルネン湖周辺に選んだのは、1950年代の終わり、スイスの通産労働省が、ブラウン社の生産拠点をスイスに置かなければ、スイスにある流通センターへのドイツ人労働者の就労ビザを取り消すと圧力をかけたからでした。オブヴァルデン州での創業はその要望に応えるもので、アーウィンおよびアルトゥールのブラウン兄弟が1961年にブラウン社の生産工場としてインターエレクトリック社を設立しました。ザクセルンに工場を建築した後、インターエレクトリック社はブラウン社の電気シェーバーのための剃刀を生産し始めました。その時の従業員数はわずか17人。

スイスの地図(マクソン本社はスイスのほぼ中央に位置する)会社の技術的な基盤は電気成型法と呼ばれる技術的なプロセスでした。すぐに、その部門からは独立した電子機械部品の開発部門がザクセルンに設置されました。

1967年、ブラウン社はアメリカの会社ジレット社に買収されました。
オブヴァルデン州の企業運営のスペシャリストは1999年にインターエレクトリック社を再構築しました。これにより、インターエレクトリック社はマクソンモータ社へと社名を変更し、今や、世界的にマクソンモータ・グループとして知られるようになりました。

現在、マクソンモータ社の従業員は世界で1,800人を超え、40か国の販売会社はその国々できめ細かい顧客サービスを保証しています。マクソンモータ社は、生産拠点を本社のあるスイス、そして、ドイツとハンガリーに持つようになりました。

Copyright(c) 2012-2017 maxon Japan corp. All Rights Reserved.