2012年全日本ロボット相撲大会自立型優勝 田村成世さん

田村成世さんは全日本ロボット相撲の常連出場者で上位入賞の常連でもあります。
2012年のロボット相撲全日本の部全国大会自立型では、満を持しての優勝でした。マクソンのモータをご使用いただいている田村さんにお話をうかがいました。

――― 2012年全日本の部全国大会自立型での優勝、おめでとうございます。田村さんはロボット相撲の常連出場者でいらっしゃいますが、ロボット相撲やロボット作りの魅力とはどういったところでしょうか。

「『モノづくりの楽しさ』が第一ですね。マシンはそこに『動き』が入るので、製作が一層楽しいんです。」

田村さんのマシン「年金生活1号」――― 相撲ロボットは、パワー重視型、バランス型、スピード重視型と大きく分かれると思いますが、今回優勝されました田村さんのロボットはどのタイプに属するのでしょうか。
「パワー型です。ロボット本体で相手を押し出す、また、アームで押し出すのが得意なタイプです。」

――― 今回の相撲ロボットにマクソンモータをご採用いただきました理由をお聞かせください。
「マクソンモータは非常に堅牢に作られていて、多少の衝撃および一時的な過電流に耐久性があると思い、また、応動性がよいので使っています。」

――― 相撲ロボットを製作する上で、マクソンモータに要求されることは何でしょうか。
「軽量が好ましいですね。
応動性は優れていると思います。」

――― 有難うございます。マクソンモータ搭載のマシン内部

マクソンに何か注文やご意見があればお聞かせください。
「その前の質問の回答と変わりませんが、入力、出力などが同等でなおかつ軽量のものがあればロボットに積みたいですね。」

――― 今後、どのようなロボットを作っていきたいとお考えですか。
「パワー型のロボットで、今回製作したものより強力なマシンを製作したいと思っています。」

――― 今、学んでいる方々へメッセージをいただけますでしょうか。
「何かを製作するにあたり『モノづくりの楽しさ』を感じながら設計すれば、自然とよい物ができると私は思います。」

堅牢さはマクソンモータの特長のひとつでもあります。
今後、田村さんが更に強力なマシンを製作される上でマクソンのモータがそのお手伝いをすることができればとても嬉しいです。
モノづくりを楽しみながらロボット製作への情熱を燃やす田村さんのご活躍を今後とも期待しています。

Copyright(c) 2012-2017 maxon Japan corp. All Rights Reserved.